武甲山~川苔山トレラン

0 0
近頃の12月は暖かいと思ってたら今年は寒くなった。関越自動車道では突然の大雪に1000台を越える車両が立ち往生し、何日も雪に閉じ込められるほど。もう山の上は雪で走れないかなとも思うが、冬晴れの空に望める丹沢や奥多摩の山々は茶色く渇いているようで雪の気配がない。関東南部地方では何週間も乾燥した晴天が続いているから、いったん降った雪は消えてしまったかも。それなら今年最後のトレランに行こう。
<日時>  2020/12/26
<距離>  32.62 km
<タイム> 8:09:12
<平均ペース>15:00 分/km
<高度上昇> 2,492 m
<消費カロリ> 3,568 C
<短縮率> 53%
chart_20201229135859407.png
map_20201229135906f06.png
hightchart.png

始発に乗ってやって来た西武秩父駅の朝はすっかり冷え込んでマイナス2℃
IMG_0191.jpg

凍えた身体を暖めようと走り出したら、大きな武甲山がお早う山
IMG_0192.jpg

秩父鉄道沿いに走って橋立鍾乳洞への林道に入って徐々に高度を上げていく。今日のお供はやっぱりクリちゃん
IMG_0200.jpg

林道の終点からは落葉しきった初冬の山道へ
IMG_0201.jpg

沢を渡って
IMG_0202.jpg

樹林の中の急登を頑張って行くと
IMG_0203.jpg

傾斜が緩んできて明るい尾根にでる
IMG_0204.jpg

気づけばこんな航空写真みたいな景色が広がるほど高くなってきており
IMG_0205.jpg

石灰岩採掘のための発破注意の立て看板が出てきたところは主稜線との合流点
IMG_0206.jpg

御嶽神社の境内で安全祈願
IMG_0434.jpg

黒い策で採掘場と区切られた展望台は武甲山山頂
IMG_0208.jpg

眼下には秩父の街、向こうは赤城・榛名・群馬の山々
IMG_0209.jpg

子持山へ向けて主稜線を快適に下り出す
IMG_0210.jpg

東側の斜面は植林で稜線通しは藪も無く走りやすい
IMG_0211.jpg

振り返れば武甲山の三角形が格好良い
IMG_0213.jpg

まだまだ元気だ、子持山山頂
IMG_0214.jpg

西の空には秩父の名山、両神山
IMG_0215.jpg

大持山を越えてとても走りやすい広い尾根を飛ばしていくと
IMG_0217.jpg

中間地点の鳥首峠。ここまでは登山者も多いメインストリート。ここから東京都県境までが長い長い修行の山稜
IMG_0218.jpg

なんとかの頭という小さなこぶが幾つも何個も出てくる長い稜線の途中。ここは二つ目のこぶ「しょうじくぼの頭」
IMG_0219_1.jpg

西側がススキで覆われた斜面となっていて見た目は楽しいけど、脚にはしっかり乳酸が溜まってきている。明るい雲でも見ながら登りと下りを繰り返す
IMG_0220.jpg

ここは4つめのこぶ「橋小屋の頭」
IMG_0221.jpg

木漏れ日の中軽やかなトレイルダンサー、クリちゃん
IMG_0222.jpg

有間山の先で道を見失って焦ったが、少々のロスで有間峠へ出る
IMG_0224.jpg

道路は走りやすい、などど思ってると、およよ崩れている
IMG_0225.jpg

林道はしばらく走って仁田山を巻いて最後の県境への登りの途中、送電線が横切っている。こんな山奥に凄いな
IMG_0226.jpg

階段を登りに登ると日向沢ノ峰へ。奥多摩と秩父の境目だ
IMG_0226_1.jpg

本日の最後の山頂、川苔山までもう少し
IMG_0228.jpg

登山者が多く良く踏まれたトレイルを奥多摩の山々望みながら下り出す
IMG_0228_1.jpg

楽勝かと思えばがたがたの岩混じりの斜面あり。この下が踊平
IMG_0229.jpg

頑張って登り返して曲ヶ谷北峰を過ぎるともう少しで川苔山
IMG_0230.jpg

立派な石柱の立つ山頂は奥多摩の展望台
IMG_0230_1.jpg

富士山も綺麗
IMG_0231.jpg

鳩ノ巣渓谷までは植林業で整備された下り道。沢山の丸太が搬出を待っている
IMG_0233.jpg

道は悪くなくても1000m下ると疲れてくる谷間に民家が見えてくるとゴールも近い
IMG_0234.jpg

お疲れ様の鳩ノ巣駅。近くのホテルの日帰り温泉には入浴時間に遅れしまったけど、充実した山行の思い出にはどっぷり浸りながら帰れるでしょう
IMG_0237.jpg

寒波が来ているのに稜線の状態は悪くなかったので思ったよりも早く降りられた。地図から特徴が無く大変だろうなと思った区間は予想通りに長くつまらない忍耐の道となりました。武甲山と川苔山が楽しかったのでまあよいや
関連記事
ページトップ